What’s LSPA?

プログラムの目的
来るべき持続可能な社会における都市,建築を構築を目指して,国際的に活躍できる人材には建設・環境・計画など技術的課題の解決能力だけでなく文化,社会的課題への対応能力,あるいは魅力あるビジョンを提示できるデザイン力が求められています。九州大学工学部建築学科では国際的人材育成能力の強化、あるいは国際的な大学間のネットワークの形成が今後の建築教育の鍵を握ると考えています。建築学科では、過去JICA,国連HABITATなどとの連携による国際的な研修コースの運営や支援にも早くから関わっており、アジア地域を中心にその他の国々における都市・建築分野の国際的人材養成を推進してきました。本プログラムでは、国際的に活躍でき,未来像を提示できうる先導的建築家を養成することを目的とし、建築学科の学生に対して,米国の有力大学学生とのワークショップを通じた専門的言語(Language for Specific Purposes: Architecture)の研修を実施することによって、日米建築系大学間で人材育成とネットワークを構築していきます。