BGl
BRm2
OSTIA
POMPEII
AKORIS
blogBGr

九州大学 
人間環境学研究院
都市・建築学部門
都市・建築史,意匠論研究室

建築学は、未来の建築や都市を構想し、地域の歴史・文化の継承とよりよい人間環境の形成を担う学問です。

建築は使いやすくて、美しくて、しかも丈夫でなければなりません。建築学は技術的問題に限らず、社会的・文化的問題まで及ぶきわめて広い領域にかかわっているのです。

建築にたずさわる者はこれらの多様な要素を総合的にまとめあげてゆく能力を必要とします。
そして、総合的な技術・知識の理解が要求されるばかりでなく、芸術的な造形能力も必要です。

(九州大学建築学科ホームページより)

ostia2010

 

2010.09
オスティアにて現地調査を実施しました。
Investigation in Ostia, Italy
オスティアページ(右上ボタン)を訪問ください!

2010.11

東京・京都・福岡で国際シンポジウム
「ポンペイとオスティア」古代ローマ都市研究の最前線
および
展示会「古代ローマの港町 オスティア」を開催しました。

オスティアページより,パンフレットをご覧いただけます。

Symposium "POMPEI and OSTIA the front line of

2010.3

平 成 19年 度 ~ 平 成 22年 度科学研究費補助金(基盤研究(C))研究成果報告書石造建造物の発生と変容,そして終焉
西洋古代建築における「石」についての思想(課題番号 19560647)
公開しました。
(実際の報告書には,シンポジウムの資料も含まれていますが,ダウンロード版のこの部分については公共送信権を有していないため,割愛しています)

notice
laboratory